タグ別アーカイブ: 千歳

もがけるだけもがく

営業再開まであと半年!なんて言っていたのがもうあと10日余。
厨房のオペレーションもなんとなく掴めてきました。ご予約も少しずついただけるようになってきました。憶えいていただき、ありがとうございます。
生まれてはじめて家を建てる。自分の価値観で店を作る。ということをしているのですが、何が一番驚いたかというと、ものすごい数の人たちが新しい鳥浜に携わってくれたということです。この1年で頂いた、名刺の量もスゴイです。

計画、相談、見学、設計、測量、登記、銀行、電気、ガス、水道、電話、テレビ、ネット、広告、印刷、デザイン、隣保、自治会、解体、基礎、神主、内装、陶釜、大工、保険、厨房器具、換気、空調、防犯、保健所、役所、左官、クロス、外構、植木、木材、家具、配達、不動産、引越、警察、監督、染物、鏡、工房、求人、、、、etc

あげればキリがないです。これ以上の人たちが私の夢に協力してくれました。すごい。
そうそう、一番の協力者、理解者は家族。
そして半年も待ってくださったお客様。すべての感謝の気持ちでいっぱいです。

し、か、し、大事な夢ですので半年間足しげくほぼ毎日現場にドリンクと塩飴の差し入れという理由で現場に足を運び、撮影し、凝視し、質問し、相談し、変更しの繰り返し。職人さんたちからしてみればうっとうしかったでしょうねぇ。。。ごめんなさい。でも妥協できないでしょ。
直前に変更!っていったい何回してもらったのだろうか。。。本当に申し訳ない。



今日、新しい厨房で「冷やし鳥」を久しぶりに作りました。
やはり超んまかったです。

ご予約のお問い合わせありがとうございます。
電話回線の開通が遅れていましたが、連休明けの11日の夕方までにはご利用いただけるかと思います。ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。

ネット予約はこちらから。

10月21日(金)営業再開いたします。

半年ものお休みをいただき、お客様には多大なるご不便をおかけし誠に申し訳ございませんでした。おかげさまでゆっくりのんびり羽を伸ばして楽しく休暇を楽しみました!

何が変わったのか。。。少し太りましたかね。

冗談はここまでにして、半分建物が変わりました。極力今までの鳥浜のイメージを壊すことなく、色々なところに名残を残しましたし、私の色も出しました。そして、無理はしませんでした。
畳のお座敷部分はそのまま残しましたので、今までと変わり無い鳥浜をお楽しみいただけますのでご安心ください。

わかりにくいですよね。一度ご来店下さい。
下見ももちろん大歓迎ですので、ご連絡くださいませ。

個室テーブル席、カウンター席を1部屋ずつ増やしました。
畳のお座敷だけではなく、土間(靴を脱がなくてもよい)の個室もしつらえましたので、足が不自由な方、車椅子の方でも鳥浜をお楽しみいただける環境を作ることができました。(バリアフリーですが完璧な環境ではないので介助をしていただけるかた同伴でご来店下さいませ)

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 ※ 現在工事により電話回線が一時中断しております。お手数ですが、メールをご利用下さいませ。 

鳥浜 代表取締役 伊達 一

 

職人さん

何年かぶりにヤフオクで売買をしましたが、すごく便利になりましたね。
相手とのやりとり、入出金、発送までとても簡単。文章も打つこと無くクリッククリックで終わり、送り状を書く必要もなく、やり方次第では相手の名前住所を知ることなく取引が終わってしまう。便利ですが人とやり取りをしている感じがないですね。中古のAmazonみたい。

さて、営業再開の目処がたってきました。
10月の後半を目指して頑張っております。って頑張っているのは職人さんですが。
現場で寸法を測りその場で試行錯誤し、空いているスペースで簡易工場を作り、木を削り柱が立ってゆく。見ていて気持ちが良いですね。ライブだ。


お食事のご予約
お店の電話がまだ不通ですので、  メールにてお問い合わせ下さい

しばらく電話回線が止まります。

現在工事中のため、鳥浜の電話番号が止まっている状態です。
ご不便ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。
工事中は私の携帯電話の番号がアナウンスされますので、いつでも会いたい時は連絡して下さい♡


そんな僕の趣味ですか?
左官です。
解体前の鳥浜の全ての部屋と廊下、玄関、トイレの壁は実は僕が塗りました。
プロの仕事に比べれば雲泥の差。「左官」などと言えるほどのものでもありません、壁塗りごっこです。床の間は少し遊ぼうかな。

基礎の工事が始まりました。土砂降りの雨の中でも作業をしていただき本当にありがとうございます。今までの木造住宅では想像もできない巨大ビルディングでも組み立てるんですか?って聞きたくなるような大掛かりな重機、穴掘りマシーン、杭打ちマシーン。今までの土の上に石乗せてその上に柱ポン。家ポン。ではないのですねぇ。

今しかない息子といられる時間を満喫したいですね。
って弁当ぐらい作れよ三台目!

いよいよ本格的な解体工事が始まりました。
やはり見るのは辛いですね。壁一枚、柱一本に思い出が詰まっていますからね。

少なくとも今までの人生で一番大きな決断をしました。
お金に関してももちろんそうですが、大きな一歩を踏み出しました。
すべての人に賛同を頂いたわけでもなく、成功を確証されているわけでもありませんが、断行しました。

息子は巨大なショベルカーに狂喜乱舞しております。

上新屋のラーメン屋さん 浪花

自制心が強い僕は年に多くて2.3回しかラーメン屋さんに行きません。そんな僕が車を走らせてわざわざ食べに行ってきました。
それぐらいここのラーメンは僕達千歳menにとってのソウルフードなんですよね。

浪花さん

ここのワンタンメンが好きでねぇ。

泣く泣く千歳を卒業してしまったチャーさん(大将)。千歳の名物親父と名物ラーメンがなくなってしまったのがとても残念ですが、また閉店間際に行って色々と相談に乗ってもらおうと思います。

ただ。。。。 このラーメン屋さん。アルコール置いてないんです。千歳の頃から。
歓楽街の千歳町でですよ。オマケに餃子も無い。
ついでに言えば一見さんには愛想もない。。。。。ww
まぁ一刻なんですよ。打ち解ければ年度が変わるまで話し続け、袈裟まで愛してくれるんですがね。

ですが千歳時代と唯一変わった点があります。

「ライス」が新しく加わりました!
すげーぇ!革新だね!

遠くに行ってしまってとても寂しいですが、相変わらずマグロのように動き回っている姿をみて安心しました。

もしこの堕ブログを読んで浪花さんに行くことがあれば是非

「鳥浜に聞いてきたよ!チャー!」

って大将に言ってくれれば、骨の髄までスープにされると思いますよ。