よき父になりたくて

寝室でようやくエアコンをつけずに寝られるようになってきました。

いよいよお鍋の季節に。。。。。なりましたかね?日曜日に浜名湖ガーデンパークでシャボン玉遊びに夢中になり汗だくでカキ氷にむさぼりつきました。

久々の天気の良い連休。ようやく外に出られると道も混んでいました。皆考えることは一緒ですね。

さて、私も日頃息子とのコミュニケーションを取れる時間が少ないと反省してまして。先週の日曜と今回の連休を使い息子とじっくりとペーパークラフトをしました。

今回使ったのはこれ。谷島屋で嫁さんが息子の為にと買ってきたのが始まり。

「りったい昆虫館」という本

http://amzn.asia/d/00r6IxJ

おじさんたちよ。これ、スゴイよ。

子供たちそっちのけで夢中になりますよ。出来が良い。
子供の相手をしている振りをして遊べるから超おススメ。

というよりも子供にやらせると関節破ったり、触角折れたりするので、触らせないほうがいい!お前たちが寝てる間に仕上げておくから黙って動画でも見ていろ!って気持ちをグッと抑えるこの気持ち。わかります?

でもやりたいんですよね。一番かっこいいやつだけ。。。。

「ネプチューンオオカブト」「コーカサスオオカブト」「ヘラクレスオオカブト」「アカアシツヤクワガタ」の主役級からやりたがる。
(おいおいクロクサアリやオトシブミ、ナナホシテントウは親父に作らせておいて、そりゃないだろ。まぁ楽しいから全然嫌じゃないけれど)
挙げ句の果てにはそれら主役級を作品として幼稚園に持っていくとほざく始末。
たしかに作ったのは君だ。だが息子よ、今一度立ち止まって考えてくれ。
幼稚園は君のような元気いっぱいおチビの巣窟。そこにペラッペラの紙工作を持って行けばどうなるかは想像するまでもないだろう?

わかったわかった。どうしても持っていくんだな?
でも、息子よ。一つだけ約束してくれ。
ちぎれても、やぶれても、必ず破片は持ち帰ってくれ。

それだけは、それだけは約束してくれ。そうすれば父がなんとか治すから。

祈るような気持ちが伝わったのか、大事に持ち帰ってくれました。

子供と遊ぶのは大変ですね。ドラえもんの録画を2回見させている間になんとか2冊分の昆虫46体をついに完成させました。

いやー、子供と見事にコミュニケーション取れましたよ!

休暇

私の持つすべての時間を息子に捧げるべく3日間の旅行に出掛けました。

車内でグズらないようにお菓子とオモチャ(安物のプラ日本等)の用意、高速を長時間運転、刈谷で観覧車に載せて、重たい荷物をホテルに運び、名古屋科学館でいろいろ体験させ、公園で鬼ごっこ、肩車で移動し、大須でピザを食べさせ、スペイン村で苦手なジェットコースターループに付き合い、鳥羽水族館のアシカショーを見せ、フェリーに乗せて、メロンの食べ放題にご招待し、無事帰宅しても無限の体力を持つ息子の絶対に私が勝てないチャンバラに付き合い、夫婦でヘトヘトになりながらも記憶が鮮明なうちにと、絵日記を書かせると

「けんでたたかいました」

さっきの話やん。

鳥すきの巨人

「明日の営業中に予期せぬトラブルが起こるかもしれない。明日誰かの身体に異常事態が起こるかもしれない。 想定しておけば万が一のときに落ち着いて行動ができる。
備えあれば憂いなし。」

出来事の95%を楽観的に考える私とは相反する嫁さんの耳タコな口癖です。

誰かに似てるといつも思っていたのですが、最近わかりました。
人類最強戦士 リヴァイ兵長(大ヒット漫画 進撃の巨人 登場人物)。性別以外は彼と全て同じです 。詳しい彼の情報は是非コミックを読んでください。

彼の数ある名言の一つを引用します

“隣にいる奴が明日も隣にいると思うか?
俺はそうは思わない(中略)だが明日ウォールローゼが突破され異常事態に陥った場合 俺は誰よりも迅速に対応し。 戦える。”

私の家系は全員がナンクルナイサを旗印に、何十年とウォールマリアの中に居ましたからね。

何かのアンケートで見たことがあるのですが、男性が人生の思い残す事の答え第一位が、

「家族との時間をもっと大切にしておけばよかった」

といった記事を読んだことがあります。

明日巨人が攻めてくるかもしれないので今日は家族でプチレジャー

プライスレス

 

水依存症

予約が絶えない皆が知る超有名店、その店の手前を一本入った細く暗い道の突き当たりに地元の人が愛してやまない小さな料理屋さん。そんなお店もステキですよね。

140町以上が参加する浜松まつりは市を上げてのビックイベントですが。次の月にも約10の町が参加するお祭りがあります。

松尾神社例大祭

地元松尾神社の氏子町民が出店を出し、大きなお神輿を数十人で担ぎます。最終日には水掛け神輿があり、小さなお神輿を氏子町が交代で担ぎます。
千歳町のお神輿の時間は、お昼ご飯前。いい歳した中年たちが、セイヤソイヤとお神輿を肩にのせます。このお神輿はお水を掛けてもよく、町民が担ぎ手にバケツやホース、水鉄砲で水を掛けます。清め水なのか、クールダウンの為なのか、さてはストレス発散か。

町民が一丸となってガキンチョになり、水の戦いが繰り広げられます。

各町の持ち時間は1時間ぐらいで、観客も0人なお祭りですが、大人も子供も大好きな小さな小さなお祭り。こんなのもステキですよね。

人生のゴール

ロボットを開発して自由に操る。子供の頃、もしもドラゴンボールを7個集め「出でよシェンロン!そして願いを叶えたまえ!」と唱え。出てきた龍に願うことはそれでした。

2018年 世界を震撼させる出来事がありましたね

世の中年男性の全員が少年時代に抱いたそんな偉大な夢を簡単に叶えてくれるツールが日本企業からリリースされました。

4歳の男児でも作れるロボ。

パンチ、キック、巨大化、スーパーカーに変形、ロケットで空も飛べる。そして上達すれば1億点もの高得点が弾き出される。息子はもちろんですが、完成したときの私の感動喜び、そして男にとっての永遠夢。

Nintendo ありがとう。

ふと後ろを見ると、完全に冷めた目でロボに夢中の男二人に

妻 「楽しいの?」

私 「当たり前じゃん!ロボだよ!」

妻 深いため息

妻 「それいくらしたの?」

私 「7000円ぐらいかな」

妻 「そんなにするの!!!???」

妻 深いため息

私 「アホかー! ロボットが7000円だよ!?ありえないでしょ!」

妻 「ダンボールだよそれ」

私と息子 「違うよロボットだよ!」

私 「僕専用にもう一つ買おうと思うんだけどキミも要るかい?」

妻 「絶対イラン」

お客様に悪いことをしてしまいました。

暑いですね。
これから雨が増え、灼熱になり、汗だくの息子が無限相撲をせがんでくると思うと今から新しいゲーム機でも購入してやろうかと思ってしまいます。
そんな体たらくな僕ですが、涼しいうちに草むしりはやっておいて良かったです。

今日は庭のお手入れをしてもらいました。
さっぱり。。としたのはいいですが、前回紹介したお客さんまであっさりと撤去されていました。
この方はお客さんだと伝えるのを忘れていました!

悲しい気持ちでいっぱいでした。
新しいゲームでも購入してやろうかと思ってしまいました。

この時期の楽しみ

この時期の楽しみ。
お店玄関の黒竹と熊笹を愛でることです。

店舗改装し、何十年と鳥浜の玄関を彩ってくれた竹と熊笹と断腸の思いでお別れをし、改装後新しく植えたのですが虫に喰われたり、なかなか成長しなかったりと手を焼いていたのですが少しずつ増えてきました。
と、どこから引っ越してきたのか。ステキなお客様も同居することになりました。

夏の開花が楽しみです。

父親の現実を直視しない息子よ。受け入れろ。そして諦めろ。

幼稚園の父親参観なるものに参加してきました。
前回の年少最後のそれには仕事で参加できなかったので、心待ちにしていました。
園庭を走り回るおチビさんたちを見ると笑顔にならざるをえません。
もれなく注意力散漫な男の子たち。肩を左右にかわいらく揺らしながら大きな口でグリーングリーンを歌う女の子たち。綺麗に等間隔で距離を保つ父親たち。

楽しかったです。

おとうさん。。。だそうですが、頭の上に乗っている黒い物はなんなんでしょうか?

彼にはあるように見えるのだろうか????

ないです。

皐月の空に〜 は聞き飽きた。

おまつり終わりましたね。
年々、疲れが取れにくくなっています。若い頃は夜の練りが終わってからお店で飲み明かし、早朝の凧あげに行っていました。今はどうでしょう。終わると同時に足は自宅へ向いています。
そんなことを言ってはいるも、やはりおまつりは楽しい。
大人の男たちが嫁さん子供をほったらかしにして必死な形相で凧揚げ。アホの集大成とはわかっていても楽しい

そしてまつり終わりに体調を崩し。ハシャギすぎたのでしょう。喘息様気管支炎になりました。今日が16日で、熱は流石に下がり、咳もだいぶ和らぎましたが、いやぁシンドかった!
何がシンドかったって? そりゃ店のスタッフと家族の目ですよね!

誰のため?

いきなり暑いですね。
灼熱の中田島での凧揚げが恐ろしい。

さて、息子のため。と昨年購入したSwitch。

息子のため、予約開始と同時に即予約したロボが届きました。

うーん。対象年齢6歳(息子は4歳)。。。

私は40歳だからいいか!

続きを読む